MENU

高齢者に多い病気の不整脈とは?考えられる原因もご紹介

不整脈 原因について

 

高齢者に多い病気の不整脈と言うと、
脈が乱れてしまうというイメージがありますが、
具体的には不整脈とは
どのようなメカニズムで起きるのでしょうか?

 

どのような種類の不整脈は、
特に心配する必要があるのでしょうか?

 

不整脈とは?

 

不整脈 原因について

 

不整脈とは、名前の通り脈のリズムが乱れてしまうことです。

 

脈というのは、
心臓から血液が送り出される時の振動が伝わるものです。

 

それが、乱れているという事は、心臓のリズムに
異常が起きているということになります。

 

注意すべき不整脈とは?

 

不整脈 原因について

 

不整脈には、
それほど深刻に考える必要がないものも少なくありません。

 

しかし、もちろん注意すべき不整脈もあります。

 

突然動悸が起こりかなり早いスピードで脈拍数が増えていく場合や
意識障害が同時に起こっている場合です。

 

そのような不整脈が起きた場合には、できるだけ早く、
専門医による診察を受けることをおすすめします。

 

高齢者と不整脈

 

不整脈 原因について

 

最近では、若い方にも不整脈で悩まされる方が増えたとはいえ、
やはり患者さんのほとんどが高齢者がそうです。

 

高齢者はなぜ不整脈を引き起こしやすいのでしょうか?

 

高齢者に多い病気の不整脈その原因について、
調べてまとめてみました。

 

不整脈で悩んでおられる高齢者の方や、ご家族の方は
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

高齢者の不整脈の原因

 

不整脈 原因について

 

心臓の病気

 

加齢とともに、様々な臓器が衰え、病気になってしまいます。

 

高齢者の不整脈の原因の多くは、心臓の病気と考えられています。

 

特に緊急性が高いものとしては、狭心症や心筋梗塞、
心不全といった重篤な病気が考えられるんです。

 

高齢者の方は、定期的に病院で検査を受けているという方も
少なくありませんが、不整脈は自覚症状が強いわけではないので、
少しでも異常を感じたり、いつもと違うなと感じた場合には、
できるだけ早く医師に相談すると良いでしょう。

 

薬の影響

 

何らかの病気や症状の緩和のために、
薬を定期的に服用している高齢者の方は非常に多いと思います。

 

特に、心臓の病気を抱えている方の中には毎日飲む薬を
持っている方が多いでしょう。

 

心臓の病気を治療するための薬には、
副作用が原因で不整脈が起こる可能性があるものもあります。

 

不整脈で辛いという場合は、代わりの薬などを
使用することもできるかもしれません。

 

不整脈の原因が、服用している薬かもしれないと感じたら、
一度医師や薬剤師に相談してみると良いでしょう。