MENU

意外と身近な不整脈の原因は、現代人が抱えるストレス?

不整脈 原因について

 

不整脈の原因にはいろいろなものが考えられますが、
その中の一つにストレスがあります。

 

ストレスと言うと、現代人のほとんどが抱えているもので
かなり身近なものですよね。

 

ストレスは、なぜ不整脈の原因となってしまうのでしょうか?

 

今回この記事では、不整脈の原因の一つと言われている
ストレスについて、その関係性について、
調べてまとめてみました。

 

なんだか最近動悸がして体がしんどい!と悩んでおられる方は、
是非参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

不整脈とは?

 

不整脈 原因について

 

そもそも、不整脈とは
どのような状態を指す言葉なのでしょうか?

 

不整脈というのは、名前の通り、
脈のリズムが整わなくなることです。

 

不整脈の原因とストレスの関係

 

不整脈 原因について

 

ストレスは、現代人からは
切っても切り離せないものの一つとも言うことができます。

 

なぜ、ストレスは不整脈の原因となってしまうのでしょうか?

 

なぜ不整脈の原因になるのか?

 

ストレスが自律神経のバランスを乱してしまうということは、
よく知られていますよね。

 

自律神経というのは、副交感神経と交感神経の二つの種類の神経が
バランスをとりながら、全身の様々な生命維持に関わる
働きを司っている部分のことです。

 

不整脈の原因としては、ストレスが原因となり、
交感神経が活発になりすぎるということが考えられています。

 

心臓の動きをも司っている交感神経に異常が生じると、
不整脈の原因となるというわけです。

 

強いストレスがかかり続けることによって、
自律神経が乱れますので不整脈の原因となると言えます。

 

さらに、ストレスと合わせて起こりやすい睡眠不足や
慢性的な疲労も不整脈の原因となると言われています。

 

ストレスが原因の不整脈対策

 

ストレスが原因で不整脈になっている場合、
何かしらの臓器の病気が原因ではないため、
それほどひどく心配する必要はありませんが、
なんだか疲れやすくなってしまいますよね。

 

それほど重症でない場合、
特別な治療が必要ないことも少なくありません。

 

それで、ストレスや疲労を溜め込まないよう
毎日少しずつストレス発散や十分な休息をとるなど、
意識しましょう。

 

また、ストレスが原因で不整脈が起き、不整脈が心配で
さらにストレスがたまるという悪循環に陥らないよう、
自分の体の変化に敏感であるなら、ストレスが原因の不整脈とも
上手に付き合っていくことができます。

 

是非、参考にしてみてください。