MENU

ドキドキして疲れやすい、不整脈の原因になりうる疾患

不整脈 原因について

 

なんだか最近動悸がひどい。息切れしやすい。
脈を触ってみると、異常に遅かったり早かったり、
不規則になっていると感じる。

 

そのような症状で悩まされている方は、おられませんか?

 

また、自分では全く自覚症状がなかったのに、
病院で不整脈が出ていると言われた事がある方も、
少なくないかもしれません。

 

不整脈は、自覚症状が出にくいということもあり、
意外と気づいていない方も少なくないんです。

 

では、そもそも不整脈とはどの様な状態を指すのでしょうか?

 

不整脈とは?

 

不整脈 原因について

 

不整脈とは、名前の通り、脈のリズムが乱れることです。

 

速くなりすぎたり、遅くなりすぎる、また、不規則になり
トントンと数回早く続き、しばらく止まってしまうというような
心臓のリズムのずれが起こります。

 

脈というのは、心臓から血液が押し出される時のリズムが
血管に伝わるものです。

 

なぜ、不整脈は起こるの?

 

不整脈 原因について

 

重症化すると命に関わる状態になりかねないだけでなく、
疲れやすくなったりドキドキして体調が優れないといった
辛い症状を引き起こす不整脈。

 

なぜ、不整脈は起きてしまうのでしょうか?

 

実は、不整脈というと心臓疾患など、
なんらかの重大な病気というイメージが強いですよね。

 

身近な生活習慣などが、不整脈の原因となっていることも、
もちろんあります。

 

しかし、不整脈の原因となる疾患も、たくさんあります。

 

具体的には、どのような疾患が
不整脈の原因となるのでしょうか?

 

不整脈の原因となる疾患

 

不整脈 原因について

 

心臓系

 

不整脈の原因となる疾患として、
多いのがやはり心臓系の疾患です。

 

心不全や心筋症、心臓弁膜症といった病気、
さらに先天性の心臓の異常疾患などが考えられます。

 

甲状腺

 

甲状腺異常の疾患も、不整脈の原因となってしまいます。

 

バセドウ病や橋本病といった甲状腺の異常が原因となる疾患も、
不整脈を悪化させたり、引き起こす原因となります。

 

肺の疾患

 

意外ですが、実は肺の疾患も不整脈の原因となるようです。

 

肺と心臓には深い関わりがあるため、肺の機能が低下すると、
心臓に負担がかかり、
不整脈を引き起こしてしまうという可能性があります。

 

疾患を疑うならまずは検査を

 

不整脈 原因について

 

最近では、生活習慣病予防のため、食事の習慣や運動、
ストレスなどに気を付けておられる方が増えてきました。

 

また、不整脈などの病気の原因にストレスや
生活習慣の乱れもあげられています。

 

しかし、生活習慣やストレスを改善してみても、
不整脈がなかなか治らないと言う場合、
不整脈の本当の原因が何なのか、一度病院で疾患などを疑って
検査するのも、良いかもしれません。