MENU

喫煙者必見!タバコの習慣は、不整脈の原因になる

不整脈 原因について

 

実は不整脈で悩まされている方の半数以上の原因は、
毎日の生活習慣やストレスが考えられるそうです。

 

習慣化すると不整脈や様々な病気の
大きな原因となるものの一つとして、
タバコはよく知られています。

 

タバコは不整脈の原因になるのか?

 

不整脈 原因について

 

タバコは、百害あって一利なしとも言われ、
最近喫煙の習慣をやめたという方も少なくないでしょう。

 

病院でも、禁煙外来といったところも設けられ、
禁煙に対する意識が、社会全体において高まっていることが
わかります。

 

タバコが健康に良くないということはよく知られていますが、
なぜタバコは不整脈の原因にもなるのでしょうか?

 

心臓への負担

 

タバコにはニコチンやタールといった有害物質が含まれています。

 

これらの有害物質は、血中の酸素濃度を低下させるため、
心臓のポンプの役割を激しくしなければ、
血中の酸素濃度が異常に低下してしまいます。

 

タバコを吸うと心臓への負担も大きいので、
心疾患の原因となるかもしれません。

 

そのような疾患は、不整脈の原因となることもありますので、
不整脈を予防したいならできるだけ早く禁煙したいものです。

 

ホルモンへの影響

 

実は、タバコに多く含まれるニコチンと有害物質は、
あるホルモンをたくさん分泌させる作用があります。

 

それは、カテコラミンと呼ばれるホルモンです。

 

このホルモンは、脈を速くしたり、
脈拍を増やすといった働きがあり、
血管を収縮させてしまうとも言われています。

 

カテコラミンがたくさん分泌されると、心臓に血液が
沢山流れたり、異常に流れなくなるということがおき、
負担をかけてしまうんです。

 

心臓に流れる血液のリズムが乱れることにより、
当然脈も乱れてしまいます。

 

それで、タバコは、不整脈の原因となると言われているんです。

 

タバコをやめよう

 

不整脈 原因について

 

タバコは、生活習慣病の原因になり、
寿命を縮めると言われています。

 

タバコは、一回始めてしまうと
なかなかやめられないということを多くの方はご存知でしょう。

 

最近では、ストレスなく禁煙できるよう様々な薬や
アイテムも販売されています。

 

タバコをやめると、余計にストレスが溜まるからということを
言い訳に、なかなか禁煙しないという方も多いのですが、
一度試してみるのはいかがでしょうか?

 

思っているよりもストレスなく、
やめることができるかもしれません。

 

いつまでも元気で健康に過ごすために、
タバコをやめることは非常におすすめされています。

 

不整脈を予防したいという方も、
まずは禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?