MENU

若い人や子供でも発症する?不整脈の原因になるものとは?

不整脈 原因について

 

不整脈という病気の症状について、テレビや雑誌、
インターネットの記事などでご覧になったことがありますか?

 

ご覧になったことがなくても、不整脈という言葉を一度は、
耳にしたことがあると思います。

 

不整脈と言うと、お年寄りが悩まされるものというイメージが
あるかもしれません。

 

さらに、40代や50代といった中高年の年代で、
生活習慣病にかかると、不整脈に悩まされるかもしれません。

 

若い人にも増える不整脈

 

不整脈 原因について

 

しかし、最近では非常に若い20代や働き盛りの30代、
また幼い子供も不整脈を経験することが増えているようです。

 

若い人が、なぜ不整脈になってしまうのでしょうか?

 

若い人の不整脈に多い原因について、
また子供の不整脈で考えられる原因について、
調べてまとめてみました。

 

まだそんな年齢ではないはずなのに不整脈や
動悸に悩まされているという方は、ぜひ参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

子供や若い人に起きる不整脈の原因とは?

 

不整脈 原因について

 

先天性の病気や心疾患

 

不整脈の原因としてまず考えられるのが、
先天性の病気は心疾患というものです。

 

特に、子供が不整脈を抱えている場合、学校で行われる
心電図検査などで、何かしらの異常が出る場合が
少なくないでしょう。

 

特に、運動中にめまいや動悸を感じるという場合には、
緊急性が高いこともありますので、できるだけ早く
専門医の診察を受けることがおすすめされています。

 

ストレス

 

若い人が不整脈になる原因の主なものとして考えられるのが、
ストレスです。

 

社会に出たばかりでまだまだ初めての経験が多い20代、
中堅どころとして会社でも忙しく頼られるようになった
30代の方は、特にストレスを抱えやすいでしょう。

 

子供の場合も、ストレスが原因で
不整脈が起こるということも考えられます。

 

若いので元気だという人でも、過剰なストレスがかかり続けると、
自律神経が乱れ心臓に負担がかかるため、
不整脈を引き起こしてしまうんです。

 

まだ若いので、不整脈の原因がいまいち思いつかないという方は、
ストレスをまず第一に疑えるかもしれません。

 

ストレスを完全になくすという事は出来なくても、
ストレスをこまめに発散したり、
十分な休息をとることができます。

 

そうすることで、若い人が経験する不整脈の原因を
少し減らすことができます。

 

まだまだ若いからと過信せず、しっかりと
体をケアしてあげることで、いつまでも健康と若々しさを
キープしましょう。